2017年に始まる朝ドラ「ひよっこ」

 

主演は有村架純さん
追加キャストも発表されましたね

キャストに関してはこちらをご覧ください
2017年朝ドラ「ひよっこ」キャストに有村架純!

 

ところでこの「ひよっこ」にモデルはいるのでしょうか?

 

例えば、以前放送されていた「花子とアン」や「とと姉ちゃん」
この二つの朝ドラにはモデルがいました

他にも大ヒットした「ゲゲゲの女房」なんかにもモデルがいましたね

 

かつて有村さんが出演していた「あまちゃん」
美人過ぎる海女として有名になった方がモデルだと言われています

 

今回の「ひよっこ」にモデルはいるのか?
だとしたら誰なのか?

スポンサーリンク

2017年NHK朝ドラ「ひよっこ」のモデルは誰?

%e6%9c%89%e6%9d%91%e6%9e%b6%e7%b4%94%e3%80%80%e6%9c%9d%e3%83%89%e3%83%a9

まず「ひよっこ」の世界観を簡単に

 

「ひよっこ」の舞台は1964年
東京オリンピックが開催される時代ですね

盛り上がる関東

 

しかし、茨城県の田舎に住む谷田部みね子はイマイチその盛り上がりを実感できない生活を送っている17歳
農家の仕事を手伝って、祖父母に楽をさせてあげたい

 

そんなみね子の生活はあるお正月に一変します

 

集団就職で都会へ

集団就職したみね子を待ち受けていた厳しい現実
オリンピック後の不況のあおり

困難に立ち向かっていくヒロイン

 

見知らぬ街だった東京にしっかりと根を張っていく

 

というストーリー
この谷田部みね子を有村架純さんが演じます

のんびりヒロインが上京して奮闘する様子が描かれるみたいですね

 

さて、このドラマのキーワードの一つとなるのが

 

「金の卵」

 

「ひよっこ」でのモデルとなったのはこの「金の卵」と呼ばれる集団就職をした若者たち

「ひよっこ」の舞台となる1964年は高度経済成長期
この時代は多くの人出が必要とされていた時代でした

 

中学卒業して、農村から大都市圏に就職に行く若者たち
%e9%9b%86%e5%9b%a3%e5%b0%b1%e8%81%b7

当時の集団就職はまさに国家プロジェクトともいえるくらい規模の大きなものでした

「将来を考える暇がなかった」
と言われるくらい慌ただしく大規模な物でした

 

「ひよっこ」のヒロイン谷田部みね子はこういった集団就職によって上京した女性の一人

なので明確に誰がモデルというようなものはないみたいですね

 

中学を卒業して労働者として上京した15歳の若者たち

「金の卵」というのは、若いころから技術を習得し高度な技術を持つ職人になることを期待されていました

 

しかし、この集団就職にも陰りが見られ始めます

 

高校の進学率が増加し
工場ではオートメーション化
オイルショック

 

オリンピック後の不況に見舞われたわけです

 

不況のあおりをうけて多くの工場が倒産

「ひよっこ」では不況に流されるヒロインの姿も描かれるようですね

 

集団就職の理想と現実
不況

 

この二つがヒロイン谷田部みね子が突き当たる壁となるわけですね

スポンサーリンク

「ひよっこ」は有村架純のためのドラマ?

%e6%9c%89%e6%9d%91%e6%9e%b6%e7%b4%94%e3%80%80%e6%9c%9d%e3%83%89%e3%83%a9%ef%bc%92

今回の朝ドラ「ひよっこ」で明確なモデルを設けなかった理由

それはこの「ひよっこ」の脚本が有村架純さんのために書かれたものだからのようです

 

今回の朝ドラで脚本を担当するのは岡田恵和さん
朝ドラの脚本は3度目です

有村架純さんとはデビュー当時から何度か仕事をしたこともあるようです

 

何度か仕事をやるうちに
「朝ドラをやるべき人だ」
と感じるようになったようです

また、岡田さんは有村さん主演の朝ドラなら必ず脚本を書きたいと思っていたそうです

 

ある意味、この「ひよっこ」のモデルは有村架純さん自身だと言っても間違いではないかもしれません

なので岡田さんは「有村架純さんが主演をする」という前提で脚本を書いたみたいですね
愛されてますね

 

また、過去に有村さんは「あまちゃん」の主演オーディションに落選した過去があるようです

結果として「あまちゃん」で一躍ブレイクすることになりましたが
主演ではありませんでした

 

なのでより「有村架純を朝ドラで主演に」という思いが強くなったのかもしれないですね

「ひよっこ」の<故郷編>のモデルは?

「ひよっこ」は主に

<故郷編><上京後編>に分かれています

 

上京後は金の卵がモデル
では故郷編は?

 

どうやら故郷編も特にモデルがいるわけではないみたいですね

あくまで茨城県の田舎に住む17歳という設定上の人物

 

撮影に当たって<故郷編>に出演するキャストは茨城弁を習ったそうですね

いまでこそ茨城というと、ほぼ標準語
ですが当時は結構訛りがあったみたいですね

 

方言は北に寄せているということなので結構特徴的な喋りになるのかもしれません

「だっぺ」

という方言も登場するようです
方言は第一週目から炸裂しています

 

キャスト全員から

「有村さんの『だっぺ』は凄くかわいい」

と評判だったそうです

 

これまでも朝ドラでは流行語が色々と生み出されてきました

 

あまちゃんの「じぇじぇじぇ」
あさが来たの「びっくらぽん」

有村さんの「だっぺ」も流行るといいですね

 

<故郷編>キャストは全員茨城弁をマスターしたそうですが、有村さんは特にしっかりマスターしていたそうです
さすが主演ですね

 

本格的に撮影が始まるのは11月から
放送は2017年の4月から

 

有村さんの方言が楽しみです

また、有村さんのために書かれた脚本とはいったいどんなものなのか

 

もしかしたら有村架純さんの一番のヒット作になるかもしれません

スポンサーリンク