最近、有村架純さんの露出が急増中!?

有村架純さんの役を見ると少し大人っぽい感じの役が増えたように思います

 

例えば、今年公開された映画「何者」
就活生の役でしたが、就活以外にも三角関係など複雑な人間模様が描かれていました

そして2017年に公開予定の映画「ナラタージュ」
教師と元教え子の愛を描くストーリー

 

なんとこれまで挑戦したことのない大人っぽいシーンがあるとか・・・

 

有村さんは今後どうなっていくのでしょうか

 

映像作品以外にも
露出が増えているのは雑誌でも同じ

これまでテレビではあまり目にしないような姿を雑誌で披露していた有村架純さんですが

 

なんと今度はキャミソール姿!

 

今できる限界までのギリギリの露出って感じですかね
有村架純さんのキャミソール姿まとめ

スポンサーリンク

有村架純のキャミソール姿が可愛い!大人っぽ可愛い画像まとめ

そんなセクシーすぎる有村架純さんが見れるのは雑誌「ar」の12月号
雑誌では

「愛嬌エロス」
「SEXY」

なんて言葉があるように
思わずドキッとしてしまうような姿が!

 

テレビで見ると

元気で
清純派
笑うとまん丸

みたいな
大人っぽいというよりは無邪気な感じの有村架純さんですが

 

そんな全く違う一面を見せている画像がこちら

ar3

ar6

ar11

ar10

ar9

やっぱりこういう写真だと胸元に目が言っちゃいますよね~(笑)

他には肩のラインとか
真っ白で綺麗なもち肌とか

注目のポイントがたくさんあります

 

個人的に気になるのは
下世話な話ですが

カップが大きくなった!?

有村さんは昔水着の仕事もしていたことがあるようですが
その時に比べて女性らしい体のラインになった気がします
※有村架純さんのカップについてはこちら(有村架純のカップは?身長・画像から検証

キャミソールみたいな感じのを着ていると否応なしに目立ってしまいますよね

 

とくに有村さんは以前から「隠れスタイル抜群」というような噂があります

 

いままで隠されていたようですが
このキャミソール姿でその噂が真実であることが判明しました

そんなスタイル抜群な体と笑顔のギャップがまた素敵です

笑顔は無邪気で子供っぽいのに

有村架純さんの隠されてきた魅力が詰まった「ar」となりました

スポンサーリンク

有村架純のキャミソール姿!画像のテーマは?

まずこれまでの有村さんといえば

清純派女優

という感じ
これは事務所的にも意図していたことでしょう

 

まず有村さんの事務所は露出とかには厳しいそうです

 

たとえばこういう風に雑誌用の写真を撮るとき

メイクに注文を出したり
撮った写真はその場で確認

など
かなり厳しく自社タレントの仕事に力を入れています

とくに有村架純さんレベルになると事務所のトップレベルですから
力が入るのは当然の事

 

ここで一応弁護しておくと
別に有村さんの所属する事務所がいわゆる「面倒くさい事務所」ってわけではないです

自社のタレントを守るのもマネージャーの仕事ですから
雑誌なんかでイメージを守るのもその一環です

 

しかし今回のキャミソール姿の画像
テーマは

「愛嬌エロス」

これまでの清純派とかとは一番遠いエロス

この写真のテーマはこれなんです
どうやら現場スタッフもここまでの露出を事務所が許したことにびっくりしたという話があります

 

あくまで「愛嬌エロス」ですから
完全に清純派路線から脱却したわけではないみたいですけどね

スポンサーリンク

キャミソール姿公開の理由とは?画像の裏にはある事情が!?

いったいなぜここまで急激に方向転換したのでしょうか

理由として考えられるのは

 

紅白司会と2017年の朝ドラ「ひよっこ」

 

ポイントはこの「ar 12月号」が紅白放送前に発売されるということ
つまり・・・

このキャミソール姿はあくまで紅白司会・朝ドラ「ひよっこ」のためのPR

ではないかと予想されます
ここで大人ファンも増やそうという考えなのかもしれませんね

 

女性ファンが多い有村架純さん
ただ男性ファンも同様に多い気がするのですが・・・

 

ただ2017年の朝ドラ「ひよっこ」には並みならぬ思いがあるみたいです

というのも脚本の岡田さんはヒロインオーディションお行うことなく有村さんを主演として指名
これまでオーディションを行わない事はありましたが異例のことです

これでこけるわけにはいかない

そういう思いがキャミソール画像のような大人ファン層の獲得という動きにつながったんじゃないでしょうか

 

もしこういう策略があったとしたら
私含め釣られた男性は多いのでは!?

これから雑誌ではテレビとは違う有村架純さんの姿が見られるかもしれませんね

ある意味テレビ以上に注目したいところです